トランプリスクで、大幅下落の日経平均株価(24日)。

またもやトランプ、米国リスク

24日の東京株式市場、日経平均株価は
昨日に比べ、▼252.73円安の

22,437.01円(▼1.11%)
と3日続落。

米商務省が自動車や関連部品の輸入が自国
の産業を侵害し、安全保障を脅かす可能性を
調査すると発表しあわせて米国に入ってくる

輸入車に最大25%関税をかけることを検討し
ていることが伝わると自動車株が下落。

マーケットへの影響が大きな自動車関連株の
値下がりが、全体を押し下げました。

また、米朝首脳会談開催に懐疑的な見方から
リスク回避の円買いもあり、円高(1ドル=109円
半ば)にふれたことも重しとなりました。

さらに、
指数先物にヘッジファンドと思われる、売りが
ありましたので、円買い、日本株売りも
マーケットの下げを加速させたと思います。

日経平均株価が、節目の
23,000円(5/21)に
達成してから、600円以上の値下がりと
なっていますが、

トランプ大統領の発言、ツィート?
からはじまる

”トランプ、米国リスク”(米中貿易戦争に
代表される、米国の関税政策や米朝
首脳会談開催の危うさを含む、

米国の外交政策など)に負けないほどの
好材料は、東京市場でも見つけづらい状況
にあります。
関連記事はこちら。↓
FOMC議事録待ち

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る