日経平均株価(23日)は、大幅に下落。トランプ大統領の不満?

トランプ大統領の示唆

23日の東京株式市場、日経平均株価は、
前日比▼270.60円安の

22,689.74円

と大幅に下落。

米中通商協議の先行き不透明感に加え、トランプ
大統領大統領が、米朝首脳会談延期を示唆したこ
とで、午前中に111円近辺から、110円台半ば

まで円高・ドル安が進んだことがきっかけになっ
て株式も売られていたと語る市場関係者がいました。
ヘッジファンド中には、円を買い、日本株を売る

手法を取り入れるものもあり、円安から円高になる
過程では、どうしても株式が下がる傾向が強くなり
ます。

利益確定が優先

また、3月26日の安値20,347円から、5月21日の
高値23,050円まで日経平均株価は2,700円、
一本調子で上げてきており利益確定の売りも出やすい
レベルにあることが、買う材料がない中では下落を
誘うと言えるでしょう。

日本時間の24日にはFOMC(米連邦公開市場委員会)
の議事要旨の公表を控えており、今後の金利の方向性
を占う上でも、注目が集まります。

FOMCについては、こちら投資のヒント→FOMCでまとめています↓

FOMC

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る