日経平均株価は、4日ぶりの反落。23,000円を維持できなかった、22日東京株式市場。

23,000円から上を

22日の東京株式市場、日経平均株価は、
前日比▼42.03円安の

22,960.34円(▼0.18%)と
4日ぶりの反落。

前日に大幅に上昇した米国株式市場より
も先の21日に、東京マーケットは
値上がりのきっかけとなった、

米中通商問題の「保留」は織り込み済み。
むしろ、
材料難のなか、23,000円の水準では、
利益確定の売りがでて上値がおさえられ
ていました。

米中貿易問題に限らず、

米国トランプ大統領が対イランへの制裁でも
強気の姿勢を再び、とらないとは言えない
状況で、疑心暗鬼(ぎしんあんき)から

個人投資家は積極的にはなれないだろうと
指摘する市場関係者がいました。

下落局面は、日銀によるETF購入の出動も
期待できますが、ただ、日経平均の
23,000円以上を
誰が買うのかということについては、

材料も見当たらず、疑問符がつきます。
とりあえず、

 次の目安は、23,236円です。

 個別企業では、中期経営計画で
ゲーム事業の収益目標に失望感?がでた

 ソニー(銘柄コード 6758)が一時、
 3%を超える下げとなり、
 終値は、

  5,282円(▼106.0円/▼1.97%)

     と下げていたのが目立っていました。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る