日経平均株価(21日)は、2月以来の、23,000円台。6月米朝首脳会談は織り込み済みかも!?

2月以来の23,000円、日経平均株価

週明け、21日の東京株式市場、日経平均株価
は、3日続伸。終値では2月2日以来、3ヶ月半
ぶりに、23,000円台にのせています。

米中通商協議の結果をうけ、貿易戦争への
懸念が和らいだことが、マーケットには
プラスにはたらきました。
日経平均株価は、
23,002.37円(+72.01円/+0.31%)

米中通商協議、報復関税をかけないで一致

先週おこなわれた(ワシントンで開催)された、
米中通商協議は
ムニューシン米財務長官が
「貿易戦争を当面保留する」

中国の劉副首相も
「お互いに追加課税をかけあうことはしない
との認識で一致したことが最大の成果」と

対話を通じ、報復関税を駆けあう最悪の事態
を回避する、大人の対応?を両国が再確認する
カタチになりましたが、解決、落とし所を探る
には、まだ時間を要すると思われます。

為替も、1ドル=111円をつけ、
日経平均株価の企業業績等みた現在の水準に
割高感はありませんが、
中東情勢や米国金利上昇など、さらなる突発的
な変化があると米朝首脳会談の、「東アジアの平和」
  ムードに支えられた、穏やかな東京市場に
水をさすことなりかねません。
関連記事はこちら↓

日経平均株価の次の目安は⇒23,236円

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る