2日の東京株式市場、小幅に反落。連休明けに期待!?

連休の谷間でも・・


2日の東京株式市場、日経平均株価は
前日に比べ▼35.25円安の

22,472.78円(▼0.16%)

の4日ぶりの値下がり。

大型連休の谷間で、保有している株を
とりあえず、売って一度様子をみる、

ポジション調整の動きが、特に、
日経平均株価に採用され、影響の大きい、
値嵩株(ねがさかぶ)にあり、

マーケット全体の重しとなっていたよう
でした。

日本が、後半の連休に入っている間に
米国では、

FOMC(公開市場委員会)や雇用統計などの
重要イベントがあり、

積極的に売買できない状況の中で、
本日の取引を終えています。

それでも、東証一部の売買代金が、
2兆4000億円と、

そこそこの商いをみせているところからも、

円安による企業業績へ期待など

東京マーケットの、連休明けの先高感は
消え去っては、いないと思います。


関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る