日経平均株価は小幅に続伸(18日)、円安で安心感が広がる。

円安の安心感

 18日東京株式市場、日経平均株価は
 前日比+91.99円高の
  22,930.36円(+0.40%)
 と小幅続伸。

 ※昨日同様、日経平均のいち日の
 高値から安値までの値幅は、87円ほど。
 

 前日の米国株式市場は値下がりして
 いましたが、
   円が1ドル=111円をつけたことを追い風に
   日経平均は終日プラス圏で推移しました。

 国内上場企業の決算発表を終え、
 今期の想定レートが、1ドル=105円
 という見方が多いため、

 現在の110円程度であれば
 企業業績にもプラスに働くと、
 投資家に安心感を与えていると思います。

 それでも、
 節目の23,000円を目前に、足踏みをしている
 状況では、新たな買い材料が欲しいところです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る