16日の東京株式市場、日経平均株価は続落。米国株安、弱い経済指標、そして隣国の・・・

投資家心理を冷やす

16日の東京株式市場、
日経平均株価は、
前日比▼100.79円安の

22,717.23円

と続落。

米10年債の利回りが約7年ぶりの水準
まで上昇したことをきっかけに、
190ドル以上値下がりした、

米国株式市場の流れを受け、東京マーケット
もリスク回避となり、終日マイナス圏
での動きとなりました。

取引開始前に発表された、2018年1-3月期
実質GDPが年率換算でマイナス▼0.6%(予想
▼0.2%)と予想下回る結果や

北朝鮮が米韓軍事演習を理由に予定していた
韓国との閣僚会談を突然キャンセルしたことで

米朝首脳会談の実現を疑問視する声も出て、
さらに、
投資家心理を冷やすことになりました。

適温相場の終わり?

110円台となった円安も、本日のマーケット
には、ポジティブには働きませんでした。

米国と同様、企業の好決算をささえに、
ここまで株式市場は上昇してきたので、

国内上場企業の決算発表終了とともに、
悪いニュースには、反応しやすい
タイミングにあるかもしれません。

「適温相場」(緩やかな成長のもとでの
株価の上昇)の終わりを宣言する、

市場関係者もいますが、その確認?
にはもう少し時間が必要だと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る