14日の東京株式市場、日経平均株価は3日続伸。海外投資家に期待!?

過熱感と先高感

週明け、14日の東京株式市場、
日経平均株価は先週末より、
+107.38円高い
22,865.86円(+0.47%)

朝方は、米国ハイテク株の一服感の流れや
利益確定の売りおされ、下落してはじまり
ましたが、
好業績企業株(化学、不動産など)の買いに支え
られ、徐々に値上がりをし、結局3日続伸で
本日の取引を終えています。

「過熱感と先高感が交錯している」と指摘する
市場関係者がいました。

23,000円と海外投資家

今後の注目点は、やはり海外投資家の動向。
1月〜3月にかけ大幅に日本株を売越していた
彼らには、為替の動きと重ね、

従来からすると、日本株をあと5兆円ほど
買ってもいいという見方もあり、

海外投資家頼みは、まだまだ続きそうです。

また、

日経平均株価の23,000円から、
24,000円の間は、

年初から2月までの高値をつけ

(1/23  24,129円)、その後
もみあい、売買代金が3兆円前後と取引が
活況だったところになります。

23,000円以上には、売りが待ち受けている
とも言え、売りをこなすだけの買いが
継続できるかがポイントになります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る