10日の東京株式市場、日経平均株価は反発。好決算企業は買われるも、22,500円の壁。

 

22,500円の壁

10日の東京株式市場、日経平均株価は
 +88.30円高の

 22,497.18円(+0.39%)

 と反発。前日の米国の株式市場の上昇と
 円安の流れを受け、好業績企業の株の
 値上がりで、買いが先行。

 しかし、節目とされる、日経平均株価
 22,500円を超えると、売りも出て
 全体の上昇をおさえました。

 中東情勢緊迫化による、原油価格の
 動きに不透明感が意識され、
 海外投資家の買いが鈍っているという
 市場関係者の声も聞かれました。

好決算企業の株、買われる

 本日までで、企業の3割ほどが決算発表
 終え、特に、明日11日金曜日は
 決算発表を予定している企業が、

784社と最多となっており、その発表
みてみたいとする、投資家も多くいた
ようです。

 個別企業では、
  トヨタ自動車(7203)が
  7,592円(+168円/+2.26%)

 三菱自動車(7211)が
     858円(+74円/9.44%)

  堀場製作所(6856)
   9,310円(+1,130円/+13.81%)

   いずれも、好決算が評価され買われて
   いました。

 特に、堀場製作所は、
 半導体システム機器部門の収益見通し
   の上振れで、12月期の業績予想の上方修正
   が好感され、上場来高値を更新しています。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る