1日の東京株式市場、日経平均株価は小幅ながら、3日続伸。業績見通しを好感。

小幅上昇も、商いはしっかり

5月最初、
1日の東京株式市場、日経平均株価は
先週末に比べ、+40.16円高の

22,508.03円(+0.18%)

小幅ではありますが、3日続伸。
連休の谷間にもかかわらず、東証一部
売買代金は、2兆8,800億円と

3兆円にせまる、堅調な商い。

通常、この時期は、大型連休の谷間と
いうことで商いが閑散となるところで
すが、2019年3月期の業績見通しが
良好な企業の株がマーケットを牽引して

いました。

企業業績を評価

「日経平均株価」採用企業では

日立(証券コード 6501)が、
850.3円(+48.7円/+6.08%)

投資家の注目企業では、

村田製作所(6981)が
14,135.0円(+285円/+2.06%)
値を上げていました。

両社は、前週末に、今期の増益計画を
発表しています。

今のところは、まだ
米国株式市場場離れ(米国株安を理由に
株価が下落しない)をして、素直に企業業績
を評価する、良い投資環境にある

国内マーケットだと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る