日経平均株価(27日)は、大幅な値上がり。貿易戦争への懸念、やわらぐ!?

とりあえず貿易戦争の懸念、やわらぐ

26日の米国株式市場
ニューヨーク・ダウは大幅反発。

先週末比、+669.40ドル高の

24,202.60ドル(+2.84%)

他の主要指数も、

S&P500
2,658.55
(+70.29/+2.71%)

ナスダック
7,220.54
(+227.87/+3.26%)

3主要株価指数は、そろって
1日の上昇としては、2年半ぶり
の高さを記録。

ハイテク株強い

ナスダックをみてわかるように
ハイテク株が上昇をひっぱり
ました。(金融株も強い)

「米国と中国が関税や貿易不均衡に
対し、再交渉することに前向き
であることを示唆する

報道が、貿易戦争への懸念を後退
させ、投資家行動を積極的させて
いた」と、市場関係者。

個別企業では

利益率の改善やクラウド事業の拡大
により、証券会社による目標株価が
ひきあげられた、

マイクロソフト(MSFT)が
93.78ドル(+6.6ドル/+7.57%)

マイクロソフトの時価総額は
およそ7,220億ドルですが、

いずれ1兆ドルに達するとの
見方を示しているようです。

ユーザーの個人情報が、2016年
米大統領選挙で不正利用を
指摘された、

フェイスブック(FB)は

160.06ドル
の+0.67ドル(+0.42%)
と、

投資家も今後の成り行きに
注目している様子がうかがえ
ます。

2つの気になる数字

米国10年国債の利回り
2.85%(前日 2.82%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
21.03(前日 24.87)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

米株大幅高を引き継ぐ

米国株大幅高の流れを引き継ぐ

27日の
東京株式市場も大幅高。

日経平均株価は、
+551.22円高の

21,317.32円(+2.65%)

米中貿易戦争も落とし所を
さぐる状況で、

森友問題の証人喚問も、安倍政権
にこれ以上、ダメージを与える
ものではなかったとなれば、
(まだわかりませんが・・・)

先週の値下がりが大きかった
分、戻りもそこそこいくと
いったところでしょうか。

3月2週の投資家の動き

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る