日経平均(23日)は、またも大幅下落。「米中貿易戦争」への懸念再び。

大幅下落の日米株式市場

22日の米国株式市場
ニューヨーク・ダウは大幅安の

前日比▼724.42ドル安

23,957.89ドル(▼2.93%)

他の主要指数も、

S&P500
2,643.69
(▼68.24/▼2.52%)

ナスダック
7,166.68
(▼178.61/▼2.43%)

と大幅な値下がりと
なりました。

2つの気になる数字

米国10年国債の利回り
2.83%(前日 2.89%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
23.34(前日 17.86)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

中国の知的財産権侵害を
めぐり、トランプ大統領が

最大で、600億ドル規模の
中国製品に対し、

関税を課すことを目指す
大統領覚書に署名した
ことに対し、マーケットは

「米中貿易摩擦」でななく
「米中貿易戦争」?への懸念を
マーケットは嫌気していました。

このトランプ大統領の行動に
中国は、

『報復措置』を発表し、まさに
「貿易戦争」という言葉を
地で行くような展開。

この流れをそのまま受け、

米国株の大幅な下落に加え、
東京市場では、1ドル=104円
台の
円高が、さらに

投資間心理を不安にさせ、
株価を米国市場以上に
下落させてしまいました。

リスクオフ

23日の日経平均株価は、

▼974.13円安の

20,617.86円(▼4.51%)

で今週の取引を終えて
います。

1月の下旬までの、マーケット
とは、

ガラッと、変わった、
『リスク・オフ』の状況ですが、

下落の中でも、

本日の東証一部の売買代金が
3.6兆円(普段は2兆円台)ほど
あることから

21,000円割れは、かなり大きな
買いの需要があり、また

3月決算の日本特有の
アノマリー(季節的要因)
も峠を超えた(すなわち
決算対策の売りがピークを

むかえる時期が終了)と考えると
新年度入りの、4月以降に期待
をかけ、

じっくりと、日本株を仕込む
タイミングではと、個人的には
みています。

キーワードは貿易戦争

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る