マーケットを実感する

日経平均株価(2日)は500円超の下げ。トランプ大統領、ほえる!?

更新日:

トランプ大統領、課税強化へ

3月1日の米国株式市場は、

ニューヨークダウは、
前日比▼420.22ドル安の

24,608.98ドル(▼1.68%)。

他の主要指数は、

S&P500
2,677.67
(▼36.16/▼1.33%)

ナスダック
7,180.56
(▼92.45/▼1.27%)

ニューヨークダウは、
3日続落。

この日は、

金利上昇への懸念
ではなく、

トランプ大統領が鉄鋼輸入品に
対して25%、

アルミニウム製品には10%の
関税を課す方針を発表すること
を明らかにしたことで、

価格上昇(インフレ)や

中国などの貿易相手国からの
報復措置で、

貿易摩擦(貿易戦争?)への懸念

を理由として、下落につながった
ようでした。

FRBの要人からは、

パウエル新議長の議会での
発言をタカ派的にとらえる
流れを、

なだめるようなコメントも
ありましたが、

トランプ大統領に、消されて
しまった感があります。

気になる2つの数字、

米国10年国債の利回り
2.81%(前日 2.87%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
22.47(前日 19.85)
※こちらは、数字が大きいと
先行きの不安度合いが
高いことになります。

東京株式市場は、米国株安をそのまま・・

2日の東京株式市場、
日経平均株価は、

21,181.64円
(前日比▼542.83円/
▼2.50%)

米国株式市場の不安定な
動きをそのまま引き継ぐ

カタチで、今週の取引を
終えています。

28日、1日、2日の
3日間で、

1,200円以上の値下がり
となりました。

「円高傾向」(105円台)も
加わり、

投資家心理は、悪化は
来週も続きそうです。
貿易戦争への懸念うずまく

 

 

-マーケットを実感する
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.