日経平均(19日)は安倍政権の支持率低下を嫌気し、下落!?

安倍政権の苦悩

週明け、19日の東京株式市場は、
日経平均株価は、先週末に比べ
195.61円安い

21,480.90円
(▼0.90%)

『報道各社の世論調査で
安倍政権の支持率が軒並み

低下したことが、
マイナス材料となった』と
市場関係者。

昨年来の

日本の株式市場の上昇は、

米国の株高にともなう
海外投資家の資金が、

選挙で大勝した、自公政権による
アベノミクスの新バージョン?
がもたらす、経済効果に大きな期待

をかけて積極的に日本企業の株を
買ってきたという背景がありました。

それならば、やはり

安倍政権の支持率低下は、

彼ら海外投資家が

”日本株に対し、ネガティブな
評価をして、日本株をさらに売って
くるのでは”と、

マーケットが、先行きを不安視しても
おかしくありません。

トランプ政権はスタッフかたまらず

一方、

先週末、16日の米国株式市場、

ニューヨーク・ダウは
前日に比べ、+72.85ドルの

24,946.51ドル(+0.29%)

他の主要指数では、

S&P500
2,752.01
(+4.68/+0.17%)

ナスダック
7,481.99
(+0.25)

と、

落ち着いてはいましたが

重要閣僚の相次ぐ辞任や
更迭(こうてつ)、そして

保護主義政策を打ち出す

トランプ政権への不安は

こちらも

日に日に高まっているような
状況です。

2つの気になる数字

米国10年国債の利回り
2.85%(前日 2.82%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
15.80(前日 16.59)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

関連記事はこちら↓

3月1週も海外投資家の売りは止まらず、国内勢が支える東京市場。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る