日経平均(16日)は政治不安の中で、週末をむかえる。

政治不安の中、週末をむかえる日米株式市場

15日の米国株式市場、
ニューヨーク・ダウは、
4営業日ぶりの反発。

前日に比べ、+115.54ドル高の

24,873.66ドル(+0.47%)

他の主要指数は、

S&P500
2,747.33
(▼ 2.15/▼0.08%)

ナスダック
7,481.74
(▼15.07/▼0.20%)

「短期的な戻りを期待する
買いが入っていた」と

マーケット関係者のコメントにも
あるように、

トランプ政権のゴタゴタや
貿易摩擦への懸念など、

政治不安があるうちは
目先の動きに終始する
傾向が強まるようです。

2つの気になる数字

米国10年国債の利回り
2.82%(前日 2.81%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
16.59(前日 17.23)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

一方、

16日(金)の東京株式市場は、
日経平均株価は、

▼127.44円安の

21,676.51円(▼0.58%)

今日最初につけた(寄り付きといいます。)
直後の値段が一番高く、

ほぼ寄り天(寄り付き天井)のあとは
(21,879.28円の
前日比プラス75円まで。)

週末であることや、
久々に聞く?

「トランプリスク」や

それにともなう、円高(105円台)
等で、

様子見、見送りの中で
今週の取引を終えています。

関連記事はこちら↓

日米とも政治に振り回される!?マーケット環境!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る