政治をみながらのマーケット環境、日米両首脳とも悩み多し。

ロシアゲートとモリカケ

米国トランプ大統領は、
ロシアゲートや側近の相次ぐ辞任

安倍首相は森友問題にと

日米両国のトップは、集中したい、
政治スケジュールが思うようにこな
せない現在の状況です。

トランプ大統領は
それでも、あの性格で?強気に
しかも強引に大きな公約である

大型減税や保護主義的な政策を
実行してきているのですが
メディアとの関係がうまくいって
いないために、

政策成果の伝わり方で
損をしている部分がかなり
あると思います。

安倍政権のほうは、野党の
よくわからない?抵抗に
よって、

いつまでたっても
本題の憲法改正や
北朝鮮問題、

マーケットがのぞむ
増税先送り(これは厳しい?)

アベノミクスの
新バージョン等へとはすすむ
ことができていません。

マーケットにたずさわる人間
にとっては、

トランプ大統領が、今後も

11月の中間選挙の勝利に
向けて、ますます

「アメリカファースト」を
うちだしてくる姿が

容易に想像できますが、

何が問題なのかわからなくなって
きた、国内政治事情、

安倍政権の対応は

日本人ばかりではなく、
海外投資家も

おそらく、
想像できないと思います。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る