日経平均(12日)は大幅高も海外投資家が嫌う政治マターがまた!

米国株高を受け、大幅高の東京市場

先週末の雇用統計の結果を
受けて、大幅高となった、
米国株式市場の流れを受け

週明け、12日東京株式市場、
日経平均株価は

先週末に比べ、+354.83円高
(+1.65%)

21,824.03円

ただ、海外投資家が嫌う、
政治の不安が、

森友問題で再度、クローズアップ
されてきていることに、

警戒する市場関係者がいました。

本日は上昇しましたが、

昨年の8月ごろまでの、
やはり、もりかけ問題での
安倍政権へのプレッシャーが

東京株式市場を低迷させ、

9月から10月にかけての

解散総選挙〜自公圧勝で
ガラッとマーケットの雰囲気が
変わった、

逆のパターンを、特に海外投資家は
意識しているのかもしれません。

3月決算を意識

3月は、国内企業や金融機関の
決算対策的(円高等で)な、

債券や株式の売りが出やすい
環境のうえに

森友問題にからむ財務省の改竄問題で
誰が責任を取るのかという、

政治マターが重くのしかかってきている
のが、現在のマーケットです。

新年度入りまでは、積極的な買い
は、はいりにくい状況が続くと
思われます。

関連記事はこちら↓

9日の米国株式市場、大幅高の要因は、2月の雇用統計とあのふたりの会談が・・・

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る