日経平均(1日)連日の大幅下落。米国株安で投資家心理は不安定!?

新議長は、タカ派的?

28日の米国株式市場は、

ニューヨークダウは、
前日比▼380.83ドル安の

25,029.20ドル(▼1.50%)。

他の主要指数は、

S&P500
2,713.83
(▼30.45/▼1.11%)

ナスダック
7,273.01
(▼57.35/▼0.78%)

と続落となって
いました。

米国マーケットは、
パウエル新議長が、27日に
議会証言でしめした、

”タカ派的な見解”(金利引き上げ
ペースをはやめる?)

を材料視する動きだったと
市場関係者。

金利上昇に対する警戒感から
売りが優勢の、神経質な
動きであったようです。

気になる2つの数字、

米国10年国債の利回り
2.87%(前日 2.90%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
19.85(前日 18.59)
※こちらは、数字が大きいと
先行きの不安度合いが
高いことになります。

連日大幅安の東京市場

3月1日の東京株式市場、
日経平均株価は、

昨日より、▼343.77円安(▼1.56%)

21,724.47円

と2日続けての
300円以上の下落。

米国株式市場の続落を受け
2月の第1週の急落を思いおこすように

投資家心理は悪化しているのかも
しれません。また、

3月は、日本企業(銀行を含む)の
決算対策としての、株式、債券の売りが
出やすい時期という、

日本特有のアノマリー(季節要因)が
ありますので、日本株には、

もう一段の調整(下落)があっても
おかしくないと個人的には、
みています。

しかし、日経平均株価で

21,000円台には、公的年金や
自社株、個人投資家と思われる、

中長期的な資金の買いも
入ってきているようですので、

極端な悲観論に陥っては
ならないでしょう。

4月以降の新営業年度に備え、

じっくりと、押し目を狙いたい
ものです。

米国株式市場(27日)は下落。上昇したのは金利、VIX指数(恐怖指数)。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る