東京株式市場、日経平均株価(6日)は3日続伸。円安でハイテク関連強い

日経平均は、ハイテク輸出関連中心に3日続伸

6日の東京株式市場、日経平均株価は、
3日続伸。前日比+86.19円の
22,625.73円(+0.38%)

重要イベントを控え、様子見ムードでは
あるものの、米ナスダック指数が最高値を
更新していることや、円が109円台後半で
落ち着いているなどを理由に上昇。

朝方の利益確定の売りをこなし、ハイテク
関連(情報通信等)の一部が底堅く推移。
午後からは指数先物の買いもあり
(ショートカバー*)日経平均株価を押し
上げました。

ただ、NT倍率*は、一時12.74倍まで上昇
し年初来高値をつけたことからもわかる
ように、現在のマーケットが、先物を

からめた、値がさ(値の高い)株と
大型輸出株が多い、日経平均株価の
主導する、ちょっと歪(いびつ)な
状況であることも覚えていたほうが
良いかもしれません。

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

任天堂は年初来安値

個別企業では、ここのところ、下落が目立っていた

任天堂(7974)が、年初来の安値を更新
39,610円(▼1,250円/▼3.06%)

某証券がレポートで目標株価を引き下げた
ことや、12日に開催される米国ゲーム見本市
「E3」をまえに、材料が出尽くしているという
思惑?が出ているようです。

任天堂の直近3ヶ月の株価の動き↓

  引用元  任天堂【7974】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

ショートカバーについて

NT倍率とは

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る