日経平均株価(5日)は、続伸。米国株高と円安が支え。

米国株高と円安がささえ

5日の東京株式市場、日経平均株価は、
前日に比べ、+63.60円高の
22,539.54円(+0.28%)

と続伸。米国株式市場が、2日連続高や
円安の流れを受け、朝方すぐには、
日経平均で、120円ほど値上がり。
その後は、積極的に買う材料に乏しいものの
昨日の終値を下限目安(22,475円)に、終日
堅調な動き。

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

ただ、日米首脳会談やG7サミット
やFOMC(米連邦公開市場委員会)など重要
イベントを控え、さらには、

米国の強硬な通商政策、イタリア政局不安
をきっかけとするユーロ圏混迷への懸念
など、上値が重い展開は続くようです。

米ハイテク関連株と情報通信企業

今日は、
業種別では、米国のハイテク関連株
(アップルやグーグル、アマゾンなど)
の上昇で、ナスダックが過去最高値を
更新した連想から、東京株式市場でも、
情報通信が強く、全体を押し上げてい
ました。

情報通信企業といえば、
ソフトバンクグループ(銘柄コード
9984 日経平均指数構成銘柄)。
本日の株価は、
8,032円(+170円/+2.16%)
と値上がりが目立っていました。

ヘッジファンドの動きに変化

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る