日経平均株価の今後の動きを、4日のマーケットで読む。大幅反発

米国株高、円安で大幅反発も

4日週明けの、東京株式市場、日経平均株価は、先週末に比べ、+304.59円高い、22,475.94円(+1.37%)と大幅反発して取引を終了しています。円安と米国株高を好感し、輸出関連株を中心に、全面高の展開となっていました。

前週末に発表された、5月の米雇用統計が、米国景気拡大を示す十分な内容であったために、米国株式市場が大幅に上昇。円安、ドル高のプラス要因が加わり、東京マーケットでも買いが先行。終日高値圏で推移していました。

重要イベントが控える6月

米国の貿易問題や、米朝首脳会談、イタリア政局の行方など懸念材料は依然残ったままであり、米国株高と円安に支えられた日経平均株価が、心理的なふしめでもある、23,000円を超えていくには、やはり、なにか、ポジティブサプライズが必要だと思います。スケジュールをみると、

日米首脳会談(6/7)、
G7サミット(6/8)、
FOMC(米公開市場委員会(6/12〜13現地)
米朝首脳会談(6/12?)
など重要イベントが控えてはいますが、トランプ大統領の米国にまた、振り回されそうな、予感がします。

日経平均株価の今日一日の動き↓

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

個別企業では、、ポケモンシリーズの新作の話題等で上昇していた
任天堂(銘柄コード 7974)が、その反動?で大幅下落。

40,470円(▼2,730円/▼6.32%)

マーケットでは不可解な下落として、話題になっていました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る