日経平均(22日)は3日ぶりの反落。中国の対米関税措置影響を懸念

貿易摩擦による企業業績への影響を懸念

22日の東京株式市場、

日経平均株価は、3日ぶりの反落。
前の日に比べ、▼176.21円安い

22,516.83円(▼0.78%)
円高と
前日の米国株安で嫌な流れをそのまま引き
継いだカタチ。

指数先物に、短期的な売買を得意とする
ところからの(ヘッジファンド?)売り
もかさなり、一時は、下げ幅で270円を
超える場面がありました。

独大手のダイムラー・ベンツの業績予想
の下方修正から、中国の自動車を対象と
する、対米関税措置の影響を重く受け止める
雰囲気が東京市場にも出てきていると
指摘する市場関係者がいました。

トヨタ、ホンダ、SUBARUが下落

本日の
国内の自動車関連株の下落はそれを
裏付ける結果となっています。

トヨタ自動車(7203)は、
7,199円(▼197円/▼2.66%)

ホンダ(7267)やSUBARU(7270)
は、年初来の安値を更新しています。

ただ、

貿易摩擦などの外部環境の影響
をうけにくい、内需関連や小型株など
を、物色する動きもあり、すべてが
悲観的な状況にあるとは、言えない
と考えます。

日経平均の今日一日の動き↓

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

前日の米国株式市場についてはこちら↓

米国株式市場(21日)NYダウは8日続落。貿易摩擦に再び警戒感。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る