日経平均(21日)は、先物主導で続伸。インバウンドでがっちり!

先物主導と円安がサポート

21日の東京株式市場、日経平均株価は
前日比、+137.61円高い
22,693.04円

前の日の270円以上大幅高で、取引直後
は、利益確定の売りが先行。その後は、
円安ドル高の流れに支えられ、切り返し
株価が底堅いところを示していたと思い
ます。一方で、他の主要指数である

東証株価指数(トピックス)や
JPX日経400が前日比マイナスで終わった
ことは、米中貿易摩擦問題など懸念材料に、
積極的になれない投資家の心理があらわれて
いたといえます。

また、先物主導であることや本日の日経平均
の上昇分85円ほどを

ユニクロの
ファーストリテイリング(9983)と
ソフトバンクグループ(9984)の2つの銘柄
だけで寄与していることから考えると

短期的な資金の存在を認めざる得ませんので、
勢いだけで、高値を買わないように気をつける
タイミングにあることも忘れてはならないと
思います。

今日の一日の日経平均の動き↓(赤いラインは、昨日の終値)

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

インバウンドでガッチリ!

日本政府観光局(JNTO)によると、
1-5月の日本を訪れる、
訪日外国人(インバウンド)数は
前年比15.6%増の1,319万4400人と過去
最多のペースだそうです。

また、年間ペース(1月-12月)ではじめて合計
3,000万人を超え、3,300万人になる予想をたてる
証券会社のレポートもあり、政府が目標としている
2020年3,000万人を前倒しで達成する勢いです。

インバウンドによる消費で、業績を伸ばす企業
に注目が集まっているようです。

インバウンドといえば、

3〜4年前までは、「爆買い(ばくがい)」に代表される
ドン・キホーテや家電量販店がインバウンド銘柄
として注目されていましたが、

最近では、ドラッグストアや化粧品会社など
がそれらに変わろうとしています。

特に、女性の化粧品は、値段もそこそこ高く
継続性もあり、化粧品メーカーにとって
インバウンド消費は、大きなビジネス
チャンスになります。

過去最速ペースインバウンドのニュースが
材料視され、
資生堂(4911)が
8,944円(+170円/+1.94%)

と後場に一段高となっていました。

資生堂のこの半年ほどの動き。↓

引用元 資生堂【4911】:株式/株価-Yahoo!ファイナンス

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国での販売不振を織り込む、株価!? 大中華圏=グレーターチャイナ(一般的に中国本土、香港…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る