日経平均株価(20日)は警戒感は持ちつつも他市場の落ち着きで反発。

警戒感を持ちながらも、反発

20日の東京株式市場、日経平均株価は
前日比+276.95円高い

22,555.43円(+1.24%)

日経平均は3日ぶりに反発。
米中貿易摩擦への警戒感は消えず、
午前中は前日比、100円以上下げる
場面がありましたが、

円安基調や中国上海総合指数の
下げ止まり、切り返しが支えとなって
日経平均株価も一時、300円を超える
ところまで反発していました。

ただ、NT倍率
(日経平均÷東証株価指数”TOPIX”)が
12.87倍と、2000年以降では、最も高く
なったことが示すように、

値がさ株が主導する、日経平均先行は
なにか、いびつな動きを感じさせます。

ユニクロのファーストリテイリング(9983)
は、51,790円(+1,740円/+3.8%)

ひと銘柄で、日経平均今日の上昇の約65円に
寄与(押し上げ要因)となっていました。

日経平均株価の今日の動き↓

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

ワールドカップ、日本勝利!

その他、個別企業では、

サッカーワールドカップロシア大会で
日本代表が強豪コロンビアを破り、
TV観戦などを通じ、

ビール需要が伸びると期待した買いが
入った模様の、

キリンホールディングス(2503)が
3,049円(+96円/+3.25%)
と堅調な動きでした。

内需関連など
貿易摩擦問題の影響が少ない企業に
資金逃避が続いているようだと指摘する
市場関係者がいました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る