日経平均株価(19日)は、大幅下落。追加措置で米中貿易戦争激化?へ

追加対抗措置でも応酬合戦、激化

19日の東京株式市場、日経平均株価は前の日
に比べ、▼401.85円安の
22,278.48円(▼1.77%)と
6月1日以来、2週間ぶりの安値となりました。

トランプ大統領が、追加措置として、
2,000億ドル相当の中国製品を対象として、
10%の制裁関税を課す検討を指示。これに対し
中国商務省報道官が、
「アメリカの追加貿易制裁に対し強力に反撃する」
すぐに、対抗措置をとる方針を示しました。

これを受け、円高ドル安が進み、さらには、
中国上海市場が大きく値をさげたことも
本日の大幅下落へとつながりました。

投資家は、米中貿易摩擦問題が激化し、
貿易戦争へとエスカレートするのではと
警戒感を強め、リスクオフ(積極的に
株を買えない)の状態へと引き戻された
格好です。

個人投資家は、どう動く?

日経平均は、今日の安値で取引を終了している
、安値引けでしたので、どのあたりが下値メド
になるかは、つかみにくいところですが、

投資主体別動向でもわかるように
22,000円以下のところは
個人投資家が、買いを入れてくるレベルでもある
ので、これまでと同じように動いてくるかが
注目されます。

日経平均の今日の動き↓

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

メリカリ、マザーズへ上場

個別企業の株では、今日東証マザーズに
新規上場したフリーマーケット大手アプリの
メルカリ(4385)が、

初値5,000円で、
一時ストップ高(一日の上限幅)の
6,000円までに上昇。終値は、
5,300円でした。

おすすめ関連記事はこちら↓
6月1週は、個人に注目

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る