日経平均株価(18日)は171円の値下がり。大阪で最大震度6弱の地震。

大阪で震度6弱の地震

週明け18日の東京株式市場、日経平均株価は
先週末比、▼171.42円安の
22,680.33円(▼0.75%)

と反落。アメリカと中国の間での貿易戦争への
懸念があったところに、取引開始前に近畿地方
で発生した、最大震度6弱の地震が投資家心理を
不安にさせていたようです。反面

日経平均の下げ幅は、一時250円ほど下げる
場面もあったにもかかわらず、取引終了にか
けて下げ幅をやや縮めるなど、底堅い動きも
確認されました。

地震について、
「工場の稼働を停止した企業もあり、どの程
 度影響がでるかわからないため、投資家の
  一部からは、一旦売って置こうという行動
  もあった」と市場関係者の話がありました。

米中間の貿易戦争については、輸入関税の規模
等、すでに発表された想定の範囲であり、また
中間選挙(11月)を控えた、トランプ大統領
得意のパフォーマンスと考えると、

米中で大人の解決?落とし所を探る時期が
いずれきて、マーケットも織り込むという
意見が出ていました。

今日一日の日経平均株価の動き↓

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

 

関西銘柄

個別企業では、
 地震発生を受け、
大阪ガス(9532)や
2,273.5円(▼80円/▼3.40%)

関西電力(9503)
1,594.0円(▼31円/▼1.91%)が
など関西銘柄の一角に売りがでて、

阪急阪神HD(9042)
4,665円(▼90円/▼1.89%)

などインフラ・鉄道関連が弱含む
展開でした。
先週末(15日)の米国株式市場の動き

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る