日経平均株価(15日)は反発。円安と欧州中央銀行の決定を好感。

重要イベント週を、のりきる

15日の東京株式市場、日経平均株価は
前日比、+113.14円高の

22,851.75円(+0.50%)
と反発。円安とECBの決定を好感。

重要イベントをなんとか無事に
過ごした今週は、
米朝首脳会談の平和歓迎ムードにはじまり、
FOMC(連邦公開市場委員会)のタカ派的
(利上げのペースをあげる)な方針も、
好調な米国の経済指標で、のりきりました。

ECB(欧州中央銀行)理事会では、利上げを急ぐ
ことが、心配されましたが、利上げは少なくとも、
来年夏までは見送られる方針がしめされ、東京市場にも
安心感を与えました。また、

日銀の金融政策決的会合は、想定通りの現状維持が
確認され、マーケットへの影響は限定的でした。

ただ、
大きな懸念材料として、米中にはじまる、対アメリカと
その他国々の応酬合戦が「貿易戦争」の段階に進む、
世界経済に与える負の要因が未解決のままであることを
指摘する、市場関係者も多くいるのも事実です。

トランプ大統領と安倍首相の個人的友好関係だけでは
うまくいかない、対米貿易黒字を日本は抱えています
ので、鋭い矛先がいつ日本に向けられるか、わかりません。
(また彼(トランプ大統領)は、つぶやくのでしょうか?笑)
そういう意味で、週明け18日に発表される、貿易収支にも
注目が集まっています。

個別企業では

ファーストリテイリング(9983)が
51,350円(+1,190円/+2.37%)と

大きく値上がりし、本日の日経平均株価
の上昇に寄与していました。
前日の米国株式市場

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る