節目手前で足踏みも、日経平均(13日 )は続伸。FOMC結果待ち。

23,000円を前に足踏み?

13日の東京株式市場、日経平均株価は
前の日に比べ、+88.03円高の

22,966.38円

3日続伸。為替が110円台半ばと堅調に
推移していることが、支援材料となりま
したが、心理的な節目とされる
23,000円に接近すると、利益確定の
売りがでて頭が抑えられていました。

注目のFOMC(米連邦準備理事会)の結果
が、わかるのが日本時間の明日未明であり、
積極的に買い上がることにはならなかった
ようです。

米国利上げに関しては、
好調の米国経済
   ↓
 利上げをする十分な環境整う
          ↓
 6月(今回)は確実、9月と12月も
    ↓
  利上げが行われた3月を含め
    計4回という
   見方が日を追うごとに多くなって
 きているように思えます。

 ただ、米国内の事情だけで
   利上げをしても、良いのかという
  意見もあり、

 他の国々のなかに
  米国の利上げに耐えられる国が
 多くなく、(年3回でもきついのに・・)

 最近の新興国等のマーケット
  の調整はそれを証明していると
   指摘する、市場関係者がいました。

  いずれにしても、FOMC終了後の
  FRBの決定から、回数を巡る論議?
 が激しさを増し、東京市場でも
 神経質な展開が続くものと思われます。

 関連記事はこちら↓
 FOMC利上げのプロセス
 

ニンテンドースイッチの新作ソフト

 個別企業では、
 米ロサンゼルスで、12日に開幕した
 ゲーム見本市「E3」で家庭用ゲーム機
  「ニンテンドースィッチ」向けの新作
 ソフトの発売が、下期以降に偏っていると、
(スイッチ自体の売上に影響するかも)
 との不安から、

引用元 任天堂【7974】:株式/株価-Yahoo!ファイナンス チャートは、直近3ヶ月の動き↑

    任天堂(7974)が
     39,120円
 (▼2,590円/▼6.21%)
    と利益確定もあり、
 再び40,000円を割り込みました。

 
   
  
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る