東京株式市場(12日)続伸。米朝会談にらみ上下も、関心は金融政策へ。

歴史的な米朝首脳会談よりも、日米欧中央銀行の金融政策が・・

12日の東京株式市場、日経平均株価は、
 前日比、+74.31円高の
 22,878.35円(+0.33%)

朝方は、110円台となった円安を
支援材料に、節目の23,000円を
つける場面もありましたが、
その後は、(前日比)マイナス圏
になるなど

歴史的な米朝首脳会談の進捗状況を
見ながらの、思惑的な短期売買が
中心の動きでした。

日経平均株価の今日の動き↓

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

投資家の多くが、
日米欧の中央銀行による、金融政策決定
会合の(12日〜14日の間にそれぞれ開催)
行方のほうに、神経質になっており、
今週は動けないというのが、本音のよう
です。

日経平均株価が、23,000円を超えていく
には、パワー不足かもしれないが、配当利
回り等からみた、日本株の割安感もあるので
大きく売り込まれることもないだろう
という、一部アナリストの意見がありました。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る