日経平均株価(11日)今日の動きは、様子見。売買代金は2兆円割れ。

売買代金は、2兆円割れ

週明け、11日の東京株式市場、日経平均株価
先週末比、+109.54円高い
22,804.04円
と反発。

東証一部の売買代金は、1.9兆円と2兆円に
届かず、今年3番目の少ない商いでした。

 米朝首脳会談(12日)
 FOMC(米連邦公開市場委員会)(12日-13日)
 ECB(欧州中央銀行)政策理事会(14日)
日銀金融政策決定会合(14日〜15日)

と重要イベントが集中する、今週を控え
終日様子見ムードではありましたが、
円安基調が、マーケットの支えとなって
いたようです。

G7サミット(主要7ヵ国首脳会議)では、
米国と他の6ヵ国との対立がクローズアップ
されましたが、これも想定の範囲内で、
売り込まれる動きとは、なりませんでした。

値がさ株が、高い

ただ、
日経平均を構成する銘柄のうち、
値嵩株(ねがさかぶ)の

ファナック(6954)
22,790円(+390円/1.74%)

ファーストリテイリング(9983)
50,270円(+1,220円/+2.49%)

ソフトバンクグループ(9984)
8,143円(+132円/+1.65%)

の3銘柄で、本日上昇の
74円分に寄与していることから、

指数先物との関連が強いことが
うかがえます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る