東京株式市場、日経平均株価(6月1日)は小幅に反落。米雇用統計前で様子見。

 

米雇用統計前の様子見

6月1日、東京株式市場、日経平均株価は
前日に比べ、▼30.47円安い

22,171.35円(▼0.14%)と
小幅に反落して、今週の取引を終えています。

前日の米国株式市場の大幅な下落をうけ、
朝方は、昨日比べ、100円ほど値下がりする
場面もありましたが、円安の流れに支えられ、

一転、プラスに110円ほど上昇。

午後からは、日本時間の今夜発表になる
5月の雇用統計を見たいという、様子見
ムードのなか、22,200円を挟んだ動き
になっていました。雇用統計のうち、

非農業部門雇用者数の予想は、+19万人
(前月比)、失業率の予想は、3.9%
となっています。

日経平均株価の今日一日の動き↓

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

日経平均株価の直近3ヶ月の動き↓

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

 

来週以降も、米国トランプ政権による、欧州連合
(EU)やカナダ、メキシコに対する追加関税への
報復措置など、貿易戦争への警戒感は消し去られて
おらず、

神経質な展開が予想されます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る