JPX400 (19日)、東京市場は反落。エーザイは上場来高値更新。

19日の東京市場

7/19(終値)前日比/前日
日経平均株価22,764.68円▼29.51円(▼0.13%)
TOPIX(東証株価指数) 1,749.59▼1.62(▼0.09%)
JPX日経平均40015,483.87▼26.02(▼0.17%)
売買代金(東証一部)2.19兆円2.16兆円
10年国債利回り0.0440.039

5日ぶりの反落

19日の東京株式市場、
日経平均は、5日ぶりの反落。
前日の米国株式市場で、S&P500が
5ヶ月ぶりの高値になったことや、

1ドル=112円台後半の円安など堅調な
外部環境に支えられ、朝方は買いが先行。

その後は、日経平均で、22,926円
(前日比132円高)
と節目の23,000円に近づくも、利益確定
の売りにおされ午後からは中国株安等が重し
となり、結局は前日比マイナス
で取引を終えています。

東証1部の業種別では、銀行株や半導体
関連と6月の貿易統計の発表を受け、
中国関連の上昇が目立つ一方、
小売などの内需関連が値を下げていました。

エーザイが、肥満症治療剤で買われる

個別企業では、
米国で販売中の肥満症治療剤で、大規模な
市販後臨床試験を行い、良好な結果が出た
ことを18日に発表した、

エーザイ(証券コード 4523)が連日の
上場来の高値を更新
11,185.0円(+220.0円/+2.01%)
※高値は、11,435円
となっていました。

エーザイの直近3ヶ月の株価の動き↓

引用元 エーザイ【4523】:株式/株価-Yahoo!ファイナンス

落とし所は、いつ、どのへんに?

 さて、23,000円の壁が立ちはだかる
 東京市場ですが、壁を超えていくには、
やはり、米中貿易摩擦問題の解決への
道筋が見えることが、前提条件になる
というのが、市場関係者の多くが
求めるところです。

中国側にまだ、冷静な対応?がみられる
うちに、トランプ政権が落とし所を
決めてくれれば良いのですが・・・

18日の米国株式市場についてこちら↓

米国株式市場(18日)、アマゾンが時価総額、9,000億ドルに!

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る