JPX400(17日)、東京市場は続伸。底堅い米国株と円安で。

17日の東京市場

7/17(終値)前日比/前日
日経平均株価22,697.36円+100.01円(+0.44%)
TOPIX(東証株価指数) 1,745.05+14.98(+0.87%)
JPX日経平均40015,460.01+117.59(+0.77%)
売買代金(東証一部)2.56兆円2.55兆円
10年国債利回り0.0380.038

17日の東京株式市場、日経平均株価は
連休を挟んで3日続伸。

連休中に米国株が底堅く動いたことや
1ドル=112円台の円安が追い風となりましたが、

取引時間中におよそ、1ヶ月ぶりの22,800円を
つけたあとは、利益確定の売りにもおされ
上げ幅を縮小していました。

昨日発表された、中国と米国の経済指標では、
中国の4-6月期のGDP(前年同期比)は、
6.7%(予想も同じ)と、前回の6.8%から
落ち込み。

「貿易摩擦とあわせて
中国の景気減速に神経質にならざるを得ない
投資家も多く、中国関連の日本企業の株で
値下がりするのものがあった」と市場関係者。

一方、
米国6月の小売売上高は、前月比0.5%(予想も同じ)
と堅調に推移しており、楽観的な見方をする意見も
ありました。

また、
市場では、本日と明日(米国時間)行われる
パウエルFRB(米連邦準備理事会)議長の議会証言
が注目されていました。

いずれにしても、米中貿易摩擦をはじめとする
アメリカの通商政策対する要人の発言や、日米企業の決算
発表などをみながらの、展開が続きます。

16日の米国市場の動き↓

米国株式市場(16日)エネルギー株が下げ、好決算の銀行株が強い。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る