JPX400(10日)、東京市場は続伸。米株高と円安を材料に。

10日の東京市場

7/10(終値)前日比/前日
日経平均株価22,196.89円+144.71円(+0.66%)
TOPIX(東証株価指数) 1,716.13+4.34(+0.25%)
JPX日経平均40015,212.65+43.67(+0.29%)
売買代金(東証一部)2.61兆円2.04兆円
10年国債利回り0.0280.027

米国株高と1ヶ月半ぶりの1ドル=111円台で

主要3指数は、続伸。前日の米国市場の大幅高に
加え、1ヶ月半ぶりの水準となる
1ドル=111円台の円安、ドル高が、買い
の材料となり、日経平均は3日続伸。
250円以上の上昇を見せる場面がありま
したが、

この日取引終了にかけ戻り売りから、上げ幅を縮小させて
います。

先週末6日の、米中両国間での制裁・報復関税発動の
応酬後は、材料出尽くしと他市場の落ち着きから
貿易摩擦激化への懸念が後退していることが
市場全体にプラスに働いているようです。

トランプ大統領の欧州訪問

しかし、米中貿易摩擦問題は、解決したわけ
ではなく、週後半に予定されているトランプ大統領
の欧州訪問で、貿易摩擦が他の国々に飛び火すること
も考えられ、投資家が、ここからさらに積極的に
なれるかといえば、疑問が残ります。

欧州発の悪いニュースがでないことを願う、市場関係者も
多いのではないかと思います。

前日9日の米国市場の動き↓

米国市場(9日)は大幅上昇。過度な懸念後退し米企業業績を期待。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る