バブル崩壊後の高値更新した、日経平均株価の次の目安は・・・!?

スピード調整ともとれる、
先週末からの動きで、日経平均株価は、

11/8から11/13、昨日までに
556円ほど下落。

ここまでの順調すぎるほどの、上昇
には、当然の動きと楽観していますが

それでも、超短期間でとらえると
凄い、上下幅の展開といえるでしょう。

特に、11/9の前場には日経平均株価で
一時、

23,382.15円までいったかと思うと
急反落し、結局終値は、

22,868.71円の、
前日比45円安。

この日の高値から安値までの幅は、
何と、860円。

下落で儲けようとするところが、この
たびの上昇で、評価損を抱え、

慌てて買い戻し。それがいっきに、
23,000円超えにつながり、

そこに、瞬きよりも速く、頻繁に売買を
する、HFT(高頻度取引)するヘッジ
ファンド等が先物をからめ、

加わり、今度は逆に、大きく値下がり
し、最後には、国内の機関投資家
が大口の利益確定売りを出した、

のではというのが、激しく上下した
11月9日の、

一部市場関係者の見方のようです。

乱高下の要因が、超短期的な需給
だとすれば、

選挙後の、上昇相場に大きな変化は
ないと見て良いと思います。

そこで、今後の日本株、
日経平均株価の目安をチェックして
みたいと思います。

バブル崩壊後の高値
22,666円(96/6/26)
-これはクリア

長期的な動きをみるのに良く
使われるのが、

フィボナッチ比率。
これを使うのには

まずは、
日経平均株価の高値
38,957円(1989年12/29の高値)

日経平均株価の安値
6,994円(2008年10/28の安値)

38,957円−6,994円=31,963円

この下げ幅を使います。

a.31,963円(下げ幅)の半値(50%)
戻し

15,981円+6,994円=

22,976円
-これもすでにクリア

b.31,963円下げ幅の61.8%戻し

19,753円+6,994円=

26,747円

フィボナッチ比率は利用する、
投資家も多く、

今後の目安とするのが、
良いでしょう。

はたして、結果は・・・?

関連記事は、こちら↓

バブル崩壊後の最高値を更新した日経平均株価が、まだアガるかもしれない3つの理由。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る