日経平均(23日)は、米国株高で上昇。週末をプラスで終える。

ニューヨーク・ダウは高い

22日の米国株式市場は、

ニューヨークダウは、
前日比+164.70ドル高の

24,962.48ドル(+0.66%)。

他の主要指数は、

S&P500
(+2.63/+0.10%)
2,703.96

ナスダック
7,210.09
(▼8.14/▼0.11%)

気になる2つの数字、

米国10年国債の利回りは
2.92%(前日 2.94%)
※この値が高いほど
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)は
18.72(前日 20.02)
※こちらは、数字が大きいと
先行きの不安度合いが
高いことになります。

特に、ネガティブな材料は
ありませんでしたが、

金利の高止まりと、
VIX指数(恐怖指数)の動きを

注意深く見る展開に変わりは
ありません。

先物主導で東京市場は上昇

これを受けた、

23日の東京株式市場、日経平均株価は

前日比の156.34円高の

21,892.78円

指数先物が先導するカタチで
現物株に買いが入っていたようです。

東証一部売買代金の2.25兆円
(少なめ)は

様子見状況が続いてるということ
でしょうが、週末でも

プラスで終えたことは、
投資家心理も多少は、上向いて
きていると言えるかもしれません。

※2月第2週(2/13-2/16)の
投資部門別売買・取引状況
については、明日(2/24)に

関連記事はこちら↓

2月第1週、やはり海外投資家は大幅に売り越していた!

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る