マーケットを実感する

日経平均(22日)は値下がり。金利上昇で下落の米国株安を受け。

更新日:

1月のFOMC議事録を嫌気

FRB(米連邦準備理事会)が、21日
発表した1月の米連邦公開市場委員会
( FOMC 1/30,31)議事要旨では、

今年、2018年は、

一段の利上げが実施される

との見方が確認され、

国債利回りが上昇し(債券が
売られ)ました。

これを受けた

21日の米国株式市場は、

ニューヨークダウは、
前日比▼166.97ドル安の

24,797.78ドル(▼0.67%)

でした。

他の主要指数は、

S&P500
(▼14.93/▼0.54%)
2,701.33

ナスダック
7,218.22
(▼16.08/▼0.22%)

2つの気になる数字

米国10年国債の利回りは
2.94%(前日 2.88%)
※この値が高いほど
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)は
20.02(前日 20.60)
※こちらは、数字が大きいと
先行きの不安度合いが
高いことになります。

金利上昇で下落の米国株安を受け

22日の東京株式市場、日経平均株価は

前日比▼234.37円安の

21,736.44円

と終日マイナス圏での動きでしたが

米国金利をにらみながらの
神経質なマーケット状況から
の脱出には、

あと、ひと月ほど、時間がかかる
と個人的には見ています。

あわせて読みたい↓

FOMC(2018年)

-マーケットを実感する
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.