マーケットを実感する

日経平均(21日)は小幅高も米国金利、株式市場が気になる。

更新日:

新議長のスタンスをはかる?時期

前日の19日月曜日が、
『Washington's Birthday 』
のため、3日間の連休明けと
なった、

20日の米国株式市場は、

ニューヨークダウは、
先週末に比べ▼253.63ドル安の

24,964.75ドル(▼1.01%)

でした。

他の主要指数は、

S&P500
(▼15.96/▼0.58%)
2,716.26

ナスダック
7,234.31
(▼5.16/▼0.07%)

やはり、

FRBパウエル新議長の、金利に対する
スタンスをはかる、

3月20日、21日の
FOMC(米公開市場委員会)までは

日米の株式市場とも、

ボラティリティ(上下の変動幅)の激しい
状況が続くのではないかと思います。

2つの気になる数字

米国10年国債の利回りは
2.88%(先週末2.87%)
※この値が高いほど
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)は
20.60(先週末 19.46)
※こちらは、数字が大きいと
先行きの不安度合いが
高いことになります。

米国市場しだいの、東京マーケット

21日の東京株式市場、日経平均株価は

前日比+45.71円高い

21,970.81円。

午後の取引開始直後
は、200円を超える

22,130円まで

買われる場面がありましたが

『売り仕掛け的?な先物の動きが
あった』と市場関係者が解説
するように、いっきに値を下げ
プラスの幅を縮めていました。

不安定な、今のマーケット環境を
象徴する動きです。

関連記事はこちら↓

FOMC(2018年)

-マーケットを実感する
-, , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.