日経平均(16日)は、上昇。円高よりも、好調な企業業績を評価!?

米国株高と企業業績に期待

15日の米国株式市場

ニューヨークダウは、

+306.88ドル高(+1.23%)の

25,200.37ドル

気になる、
米国10年国債の利回りは
2.90%

米国VIX指数(恐怖指数)は、
18.65

これらを受けた16日の
東京株式市場、日経平均株価は

+255.27円値上がりし、

21,720.25円
で、週末の取引を終えています。

1ドル=105円台まで、円高が進んだ
にもかかわらず、

堅調な動きが取引終了まで、続いて
いました。

好調な国内企業の業績

「決算発表からは、日本企業の業績の
好調さがあらためて浮き彫りにされており、

1月下旬からの株価の大幅な値下がりは、
日本株の割安感を確認するカタチと
なっている」と指摘する、

市場関係者がいました。

米国金利の上昇と円高が気になるところ
ではありますが、

ひところに比べると、投資家心理は落ち着き
を取り戻しつつあるかもしれません。

関連記事はこちら↓

米国市場(15日)は、大幅高。金利上昇よりも恐怖指数低下を好感。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る