日経平均(14日)は、下落。107円台の円高に嫌気!?

円高に水をさされる、東京株式市場

14日の東京株式市場、
日経平均株価(終値)は、

▼90.51円安の
21,154.17円

13日の米国ニューヨークダウは、
3営業日続伸となりましたが、

今度は、1ドル=107円台の円高が
東京市場での投資家の動きに
水をさすカタチとなりました。

マーケットでは、日本時間の今夜
発表予定の、

米国のインフレ動向を探る、

1月の米消費者物価指数(CPI)
に注目が集まっています。

予想を上回る物価上昇率
(予想 前年同月比1.9%上昇)

となれば、FRB(米連邦準備
理事会)による

利上げが加速、

米国債利回り(13日は、2.83%)
がさらに上昇し、

米国株が売られ→日本株の下落

となるのではと、

市場関係者は神経質になってい
るようです。

恐怖(VIX)指数の動きに神経質

13日の米国*VIX指数(恐怖指数)は
少し下がり、24.97でした。

-※VIX指数は、近い将来暴落が予想
されるときに、数値が跳ね上がり
ます。

ニューヨークダウが、1,000ドル以上
値下がりした2日間のVIX指数は

5日(月)は、37.32(前日は17.31)
8日(木)は、33.46

となっていました。-

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る