日経平均(13日)は、米国株大幅高でも続落。新議長発言待ち!?

ニューヨーク・ダウは400ドル以上の値上がり

週明け、12日の米国株式市場、
ニューヨークダウは

先週末に比べ
+410.37ドルと大幅に上昇の、

24,601.27ドル。

これを受けた、13日連休明けの
東京株式市場でしたが、

朝方は、9日に比べ、
296円ほど上昇。

108円前半の円高や、米国株式市場
に対する、様子見ムードがひろがり

最終的には

日経平均株価は、
▼137.94円安の

21,244.68円

値動きの激しい、展開でした。

直近の米国株式市場を見るときに、
チェックする項目2 つの、

米国10年国債の利回りは
2.86%

VIX指数(米国恐怖指数)は
25.61

でした。

投資家心理は改善しているとはいえず、

日米株式市場は、これまでが
順調すぎただけに、

その反動は、大きくなることを
前提に

日経平均株価やニューヨークダウ

の500円、500ドル前後の
値下がりは、今後もあるとみて
おいたほうが良いかもしれません。

短期的な投資をしている方は

買い下がりで、時間を分けて
投資することを、意識するのが
大切です。

米国発、金利上昇が、

きっかけとなった、今回の
「世界同時株安」?

ですから、やはり、
米国の中央銀行にあたる

FRBの舵取りが重要になります。

パウエルFRB新議長の手腕は?

そのFRBは、7名で構成される、
理事会の理事のうち、

4名が空席という状況で、

新任のパウエル議長にとっては、
厳しい船出となっています。

マーケットでは、当然議長発言には、
神経質にならざるを得ないのですが、

新議長は、沈黙を保ったまま。

となると、

パウエル議長にとって、はじめての
FOMC(公開市場委員会)となる、

3/21、22日が最重要ポイントになります。
(もっと早く、何か発言があるかもしれ
ませんが・・)

マーケットが、

”なかなかやるな”

”手堅い、できる男”

と新議長を評価するかどうかには
3月まで待たなければいけません。

ということは、

3月の下旬までは、上下幅の大きな
(ボラティリティの高い)

マーケット環境が続くということ
でしょうか?

あわせて読みたい↓
FRBのお仕事

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る