28日の東京市場は続伸。日経平均は、2万3千円回復も維持できず。

28日の東京市場

8/28(終値)前日比/27日
日経平均株価22,813.47円+13.83円(+0.06%)
TOPIX(東証株価指数) 1,731.63+2.68(+0.16%)
JPX日経平均40015,318.39+30.64(+0.20%)
売買代金(東証一部)2.15兆円1.84兆円
10年国債利回り0.1010.106

23,000円を回復も続かず

28日の東京市場、TOPIXとJPX400は3日、日経平均は、6日続伸。米国市場の大幅高の流れを受け、東京マーケットでも、取引開始直後は、日経平均は一時200円を超え、およそ2か月半ぶりに、23,000円を回復。しかし、その後は買いは続かず、徐々に上げ幅を縮める展開となりました。

NAFTA(北米自由貿易協定)に進展

米国とメキシコの間では、通商協議の進展があり買い材料となりましたが、肝心の米国と中国の間の協議は依然不透明さがのこり、そのあたりが今日の動きにあらわれていたと思います。「23,000円台を固めるには、売買代金で3兆円前後がほしいところ」とボリューム不足をなげく市場関係者がいました。

27日の米国市場↓

米国市場(27日)は、大幅に上昇。NAFTAの進展を好感

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る