JPX400(24日)東京市場は円安で上昇。売買代金は低水準継続

24日の東京市場

8/24(終値)前日比/23日
日経平均株価22,601.77円+190.95円(+0.85%)
TOPIX(東証株価指数) 1,709.20+10.98(+0.65%)
JPX日経平均40015,119.38+89.53(+0.60%)
売買代金(東証一部)1.76兆円1.82兆円
10年国債利回り0.1000.100

円安で上昇するも、売買代金は依然低水準

24日の東京市場、日経平均は、4日続伸。TOPIXとJPX日経400は、反発。今日の上昇はやはり、1ドル=111円台前半までの円安。後場からは、中国上海市場の堅調な動きにあわせるように、一段高となりました。複数の米国の連銀総裁から米国の利上げが必要との見解がしめされ、ドル高円安に誘導したと市場関係者が解説していました。

一方で、売買代金が、6営業日続けて、2兆円割れですので、本格的な上昇ということではなく、狭い範囲の真空地帯を先物主導で上下しているに過ぎないと、冷めた見方のコメントもありました。

パウエルFRB議長の講演や、来週予定されている、インフレに関する経済指標を見極めたいとする投資家の様子見姿勢は、週明けも続きそうです。

前日の米国市場について↓

米国市場(23日)は下落、貿易戦争再燃?で嫌気。議長講演、注目。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る