JPX400(17日)、東京市場は反発するも売買代金は低水準

17日の東京市場

8/17(終値)前日比/前日
日経平均株価22,270.38円+78.34円(+0.35%)
TOPIX(東証株価指数) 1,697.53+10.38(+0.62%)
JPX日経平均40015,038.47+82.80(+0.55%)
売買代金(東証一部)1.84兆円2.58兆円
10年国債利回り0.1040.097

通商協議は織り込み済み?

17日、週末の東京株式市場
主要3指数は、そろって3日ぶりの
反発をしましたが、
東証1部の売買代金は、2兆円に届かず
(今年3番目の低水準)、お盆休みの週末
が続いている様子。

米国株大幅高の要因となった、
米中の通商協議の再開のニュースは
すでに、昨日のマーケットで織り込んで
いたため、本日の上昇は限定的となりました。

他にこれといった材料も見当たらず、
関心は週明けのマーケットに移っている
ようでした。

週明けも神経質な展開を予想

ただ、米中の通商協議の再開は、閣僚クラスではなく
次官クラスの会談にとどまることが示すように
米中両者の隔たりは、未だ埋まっていないと
慎重な意見を述べる市場関係者もいました。

また、トルコ情勢も不安材料として、依然残って
おり、週明け以降も、積極的にリスクをとって
投資家が動く展開にはなりにくいと思われます。

16日の米国市場について↓

米国市場(16日)、ダウは大幅反発。アップルは連日の最高値更新!

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る