JPX400(15日)は値下がり。中国株安を嫌気、任天堂大幅下落。

15日の東京市場

8/15(終値)前日比/前日
日経平均株価22,204.22円▼151.86円(▼0.68%)
TOPIX(東証株価指数) 1,698.03▼12.92(▼0.76%)
JPX日経平均40015,026.32▼105.50(▼0.70%)
売買代金(東証一部)2.04兆円2.05兆円
10年国債利回り0.1060.103

中国市場の値下がりを嫌気

15日の東京市場、主要3指数は
いずれも、反落。前日の米国株式市場の
上昇と円安を手がかりに、小幅続伸で
スタートするも、戻り売りと後場からは
中国上海市場の値下がりが嫌気され
売られました。

ゲーム関連株が大幅に売られる

また、中国のゲーム業界を監督する
政府機関が再編され、多くのゲーム会社が
3月以降、販売ライセンスが下りるのを
待っている状態にあることが伝わり、

任天堂などゲーム関連株が、大幅に
売られていました。

任天堂(7974)の株価は
34,850.0円(▼1,060円/▼2.95%)

国内企業4-6月期の決算発表も終わり、
買い材料は出尽くしたのでは、とする
市場関係者もおり、ネガティブなニュースには
反応しやすい状況が続くことを頭に入れておく
ことが必要です。

前日の米国市場↓

米国市場(14日)は反発。市場予想を上回る企業決算を評価

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る