6日の東京株式市場、日経平均株価は、3日ぶりの反落。トランプ大統領がまた・・・

米雇用統計をひかえ

6日の東京株式市場、日経平均株価は
▼77.90円安の

21,567.52円(▼0.36%)
3日ぶりの反落。

応酬合戦の米中貿易問題ですが、

今度は、トランプ大統領が中国に対し
追加制裁関税検討(1,000億ドル規模)
を指示したというニュースも伝わり、

貿易戦争再燃?との懸念が広がり、
さらには、日本時間の今夜発表の

3月の米雇用統計前に、積極的
な売買はおさえられました。

1ドル=107円台前半の円安を
みて、プラスに転じる場面も
あったのですが・・・

来週も、トランプ政権の対中国政策に
振り回される展開が予想されますが

米国市場が、自らの大統領の性格を
理解し、貿易戦争離れ?をして

米企業の好決算を評価しはじめている
ことを忘れてはいけないと思います。

米国は貿易摩擦より企業決算に注目

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る