26日の東京株式市場、日経平均株価は上昇。半導体関連しっかり。

東京エレクトロンの寄与


26日の東京株式市場、日経平均株価は
前日比104.29円高の

22,319.66円(+0.47%)

円安傾向を反映し、半導体や輸出関連の株に
買いが広がっていました。

中でも、前日に好決算を発表した、
半導体製造装置で世界4位のシェアをもつ
東京エレクトロン(銘柄コード 8035)の
株価は大幅に上昇。

21,050円(+1,635円/+8.42%)

ご存知の通り、東京エレクは日経平均株価に
採用されている企業で、いわゆる値嵩株(ねがさかぶ
-株価が高いことをいいます)。

日経平均株価の寄与度が大きいとされる銘柄です。
本日の寄与度ランキングは、1位で、
東京エレクトロンひと銘柄で、今日の値上がりの
60円ほど押し上げたかたちになっています。

任天堂は、下落


任天堂(銘柄コード  7974)の本日の株価は、
45,430円(▼940円/▼2.03%)

取引終了後に発表された、

2019年3月期の営業利益が、
家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」
の台ヒットで、

2,250億円の見込み(前年比26.7%増)
とのことでしたが、事前のアナリスト予想平均値
およそ3,000億円を下回っていました。

企業決算を見ながらの展開は、
ゴールデンウィーク明けまで、続きます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る