米金利上昇の円安で、大幅上昇の24日の東京株式市場、日経平均株価。

円安の進行が支え

24日の東京株式市場、日経平均株価は、
前の日に比べ、+190.08円高の、

22,278.12円+0.86%

3日ぶりの大幅続伸。

米国金利上昇で、ドル高・円安の
流れなか、

1ドル=108円台後半までの円安進行が
今日のマーケット上昇を支えていました。

金利上昇で金融株が、円安で輸出関連株が
買われていたようです。

安倍政権の支持率低下は?


官僚トップのセクハラ問題に対する、野党の
国会審議拒否も、不快に思う国民も多く、

この戦術も?手詰まり感が出てきています。

何よりも、マーケットの反応は

内閣支持率低下→安倍首相退陣という野党の
シナリオとは、全く関係ないところで、
むしろ、上昇していると言えます。

「安倍おろし」

アベノミクス頓挫

株価の大幅下落

という、最悪のシナリオを予想する、市場
関係者が、一部いるわけですが、こうした

「首相退陣」の話が続いているうちは、
(悲観論があるうちは)逆にマーケットの原則

からすると、まだまだマーケットは強いという
ことなのかもしれません。

米長期金利上昇も、企業決算期待で、堅調な?23日の米国株式市場。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る