決算発表本格化前の様子見の23日東京株式市場。小幅続落。

国内上場企業の決算ピークは連休明け

週明け、23日の東京株式市場、
日経平均株価は、先週末に比べ、

▼74.20安の

22,088.04円

主要企業の3月決算が本格化する前の
様子見気分のなか、先週末の米国株安への

意識をもあって、利益確定の売りにおされる
かたちで、小幅続落となりました。

今週が、480社
5月1週、2週で 1,739社
5月

3週で、737社

と国内上場企業の決算発表が予定されています。

ゴールデンウィーク明けの
(5/7〜11)週でピークをむかえることに
なります。

決算発表を見極めながらの展開となるのは、
米国と同じですが、

27日の南北首脳会談や国内では、

官僚の不祥事に対する、現政権への批判
のヒートアップなど内外政治情勢も気になる
ところです。

海外投資家の買い越しが続く、4月2週。4月は、やはり特別な月なのか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る