6日ぶりの反落となった20日の東京株式市場、日経平均株価。半導体関連株安が重し!?

半導体関連株が重しに

20日の東京株式市場、日経平均株価は
前日比、▼28.94円安の

22,162.24円(▼0.13%)

6日ぶりの反落となりました。

米国市場でハイテク、半導体関連株が
下落した流れを引き継ぎ、

東京マーケットでも、半導体・電子部品
株が軟調に推移。

さらに、

アジアの株式市場全体が安くなっている
ことや、週末を控えた、利益確定の売り等
、小幅な値下がりをして、

今週の取引を終えています。

来週以降の注目ポイントは、
地政学リスク等の懸念材料がくすぶるなか
本格化する、国内3月期企業の決算になります。

米国同様、好決算がそのまま評価できる、
マーケット環境になることが、期待されます。

任天堂ではなく、Nintendo

任天堂(証券コード 7974)が

20日にゲーム機「ニンテンドースイッチ」
と組み合わせて、遊び方が工夫できる、

「ニンテンドーラボ」を発売。商品ヒット
が期待できると、買いを集めていました。

株価は、
45,900円(+1,740円高 /+3.94%)

売買代金も、1,428億円でこの日の
トップでした。

企業業績で明暗。19日の米国株式市場は、下落。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る