マーケットを実感する

6日ぶりの反落となった20日の東京株式市場、日経平均株価。半導体関連株安が重し!?

更新日:

半導体関連株が重しに

20日の東京株式市場、日経平均株価は
前日比、▼28.94円安の

22,162.24円(▼0.13%)

6日ぶりの反落となりました。

米国市場でハイテク、半導体関連株が
下落した流れを引き継ぎ、

東京マーケットでも、半導体・電子部品
株が軟調に推移。

さらに、

アジアの株式市場全体が安くなっている
ことや、週末を控えた、利益確定の売り等
、小幅な値下がりをして、

今週の取引を終えています。

来週以降の注目ポイントは、
地政学リスク等の懸念材料がくすぶるなか
本格化する、国内3月期企業の決算になります。

米国同様、好決算がそのまま評価できる、
マーケット環境になることが、期待されます。

任天堂ではなく、Nintendo

任天堂(証券コード 7974)が

20日にゲーム機「ニンテンドースイッチ」
と組み合わせて、遊び方が工夫できる、

「ニンテンドーラボ」を発売。商品ヒット
が期待できると、買いを集めていました。

株価は、
45,900円(+1,740円高 /+3.94%)

売買代金も、1,428億円でこの日の
トップでした。

企業業績で明暗。19日の米国株式市場は、下落。

-マーケットを実感する
-, , , , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.